醤油の種類は何種類あるのでしょうか?

醤油の種類

しょうゆは種類によって色々と使い方や味なども変わってきます。 このしょうゆの種類も日本農林規格によって5種類にわかられています。 それぞれの料理などに合ったしょうゆを選び使うと毎日の料理も変わっていくのでは?

しょうゆの種類

濃い口しょうゆ

一般的にしょうゆというと、この種類のことをあらわすほど普及率が高いしょうゆです。 原料は大豆のほかに小麦が使われて、十分に発酵・熟成をしたものになります。

薄口しょうゆ

関西地方で生まれ育ったしょうゆで、色も淡いしょうゆです。 食塩を多く使うことによって、熟成と発酵をゆるやかにしました。 料理で素材の色などをいかすために、色と香りを押さえ関西料理には欠かせないしょうゆになります。

たまりしょうゆ

愛知・三重・岐阜などで愛用されているしょうゆになります。 たまりしょうゆの原料は大豆のみで作られて、小麦などはほとんど使われていません。 普通のしょうゆに比べて「とろり」として、味も濃厚になります。

再仕込みしょうゆ(さしこみしょうゆ)

山口県から九州にかけて使われているしょうゆになります。 ほかのしょうゆとは作る最初の過程から違いがあり、麹を塩水ではなく、しょうゆを使うのです。 そのためしょうゆを二度仕込む形になるので、色・味が濃厚で別名は「甘露しょうゆ」といわれています。

白しょうゆ

このしょうゆの生まれたところは愛知県碧南地方になります。 愛知県にはたまりしょうゆもありますが、たまりしょうゆとはまったく違うタイプでしょうゆの中では一番色が薄いものになります。 原料は大豆をほとんど使わずに小麦のみで作られます。 食卓で使うよりも料理に使うことが多いです。

しょうゆを使った調味料

しょうゆを使った調味料は色々あります。 最近ではドレッシングなどもしょうゆを使った和風のものも増えてきました。 麺類に使うつゆ類やだし入りしょうゆ、ポン酢やたれ類はしょうゆをベースに作られているものが多くあります。

だし入りしょうゆ

しょうゆの中にはじめから旨味成分を入れたものです。 代表的なものには昆布しょうゆや土佐しょうゆなどがあります。

つゆ類

しょうゆに色々な調味料を加えてそのまま使えるよう加工されたものです。 麺類や鍋などの専用のものが販売されています。

たれ類

しょうゆに調味料や香辛料を加えたものになります。 焼き肉用やすき焼き用などがあり、これだけで料理ができてしまう優れものです。

ポン酢

しょうゆにかんきつ類の果汁と醸造酢を加えたもの、お鍋、お刺身、焼き物になどに使われます。

ドレッシング

ドレッシングといえば洋風ですが、しょうゆを使った和風のものが作られ、日本人に好まれています。

しょうゆの効果って?

しょうゆにはうま味などがたくさん含まれています。 そしてうま味であるアミノ酸などが健康に良い作用があるのです。 アミノ酸の一種のノコチアナミンという物質がありますが、これは血圧を下げる効果あります。

それ意外にも大豆タンパク質は分解される途中に血圧を下げる働きのある成分を作り出します。 血圧を下げる効果があるのであれば、塩分を控えている人にも取りすぎなければあまり悪いものではないのでは?

しょうゆの保存法

しょうゆは開封するとだんだんと色が変化していくと思いますが、それは空気に触れることによって酸化が起こり、しょうゆに色が変わっていくだけではなく、味も落ちてしまうのです。 開封後の保存法は直射日光に当たらないようにして、低温に保存しましょう! 冷蔵庫に保存するのが一番なのではないでしょうか?

しょうゆはなぜ「むらさき」?

なぜ、しょうゆはむらさきと呼ばれるのでしょうか? 見た目だけですと黒い色に見えるしょうゆですが、実は光を通してよく見ると、黒ではないのです。色の美しいことからむらさきと呼ばれるのです。 このむらさきの名前になったのにもいろいろな説があり、昔の人が赤褐色をむらさきと呼んだことからそう呼ばれるとも言われていたとか、 高価な物だったために高貴な色のむらさきと呼ばれたという説があります。