大豆の恵み

どのように枝豆から大豆になっていくのでしょう?


大豆ができるまで

大豆ができるまでには、種を植えて、育ててといった手順を踏んでいかないといけません。大豆の若いときは枝豆なのは、皆さんもご存知でしょう。大豆が出来るまでには、まず枝豆を育てていかなければなりませんね!

大豆ができるまで!

大豆を作るにはまずは上記に書いたように、枝豆を育てていかなければなりません! あまり難しく考えるまでもなく、枝豆を取らずに熟することによって大豆はできてきます! でもその方法はどうやるのかを説明していきます。

枝豆って?

枝豆は、大豆の若いときのことを言います! 夏におなじみのお父さんの好きなおさけのおつまみに最高ですよね♪ 枝豆は夏に起こる「夏バテ」にとても良い効果があるのですよ♪ 夏のおつまみは枝豆に決まりですね! 変わったところで黒豆の枝豆もいかかがですか?

大豆の育て方

大豆の育て方は、実はそんなに難しいものではないのです! 筆者も枝豆は栽培したことがあり、面倒なのが嫌いな私でも、意外に簡単にできてしまうのです!偶然にも住んでいた裏が野原になっていて、その場所をちょっと借りて枝豆を育ててみました! 

畑というわけではなかったので土がよかったわけでもないし、たくさん肥料あげたわけでもないのに枝豆が育った! そんな経験をもとにアドバイスも盛り込んでみました! あまり参考になるかわかりませんが、見てくださいね♪

大豆と枝豆の違い

大豆と枝豆って同じものなのですが、姿が違ってくれば、栄養の面も違ってきます!枝豆は若いので水分がたっぷりありますし、大豆はさらに乾燥した状態になっていますので、栄養が凝縮された感じになっています! 同じものなのに、同じものとは思えない枝豆と大豆! 二つの栄養価を比べてみてどのように違ってくるのかを説明しています。

枝豆で作る郷土料理!

郷土料理はいろいろとありますが、枝豆を使った郷土料理を紹介! お土産品としても人気のあるもので、同じものでも地方によって呼び名が違ってくるのですね! 一度その地方に行ったときにはぜひご賞味ください♪

枝豆のゆで方

枝豆と言ったら塩ゆでではないですか? お父さんがおさけのおつまみによく食べている!その枝豆をおいしく食べるために、塩ゆでの仕方を紹介しています! そのほかに調理中に注意しなくてはならないことをありますよ! 筆者もまったく知らなかった枝豆のことがありました! 実際誰に聞いても「そんなこと初めて聞いた!」と言われました。これは特に小さな子供がいる方は、気をつけてくださいね!

コラム:大豆ができるまで!

大豆が出来るまでを書いていて、実際に枝豆までは栽培したことはありましたが、大豆までにはしたことはありませんでした! 調べてみると枝豆をそのままの状態から乾燥させていくとわかって「へ〜」と関心をしました。でもたしか私の祖母は大豆も小豆も自分で作っていたような・・・? 

昔、子供のころに、ゴザの上に豆を広げて天日に干していた記憶があります。すぐ近くに、とても詳しい人がいることを忘れていました・・・。なんていっても味噌も作る祖母ですからね♪